夫の肌を救いたい!!

tiyo
2020年11月7日

夫は昔から肌が弱い。幼少期は常に四肢に痒みがあり、傷が絶えなかったようで夏でも長ズボンを履いていたという。今でもちょっとした刺激で痒みが出るようで気づいたら隣でボリボリ掻き毟っている。出会った頃はよく膝裏や首の後ろを掻きすぎて衣服に血がついていることも頻繁にあった。http://metislausanne.com/
しかし一番問題なのは、本人がそんなに悩んでいないことであった。生まれてからずっと痒かったのだから仕方ない。痒いのが当たり前になっていたのだから。夫と3年交際していたが、彼の痒みに気づいたのは結婚してからだった。

結婚生活を送るにつれ掻きむしる行動が目につくようになった。改めて、夫のスキンケアについて聞いてみると、全く何もしていないという。そこで、当時私が使っていたニベアクリームの青缶を全身に塗って様子を見ることにした。幸いニベアの青缶は夫の肌によくあった。2ヶ月がたった頃、膝裏や首の後ろ、両腕など全身の至る所にできていた傷は綺麗に治っていた。

夫も「こんなに肌の状態が良いのは覚えている中でも初めてだ」と言っていた。幼少期ずっと長ズボンを履いていた夫は、去年初めて半ズボンを買ったのだった。ちなみに今ではスキンケアに余念がなく、着実に美意識が上がっていくのを痛感している。